Monthly Archives: 8月 2016

料金で比較

バス高速バスは最近競争が激しく、運賃も値下げ傾向にあります。特に競争が激しい路線などはなおさらです。競争が激しいのは東京ー名古屋、東京―大阪、東京―仙台などでこうした路線には電鉄系の高速バス会社のほかに、新興のバス会社もたくさん運航していて運賃は値下げ傾向です。

たとえば電鉄系の東京―大阪の昼間の高速バスの運賃は片道6,000円から7,000円くらいです。シートは3列シートですので、楽々で長時間の移動も疲れません。一方、新興のバス会社なら安い便なら3,000から4,000円くらいで乗ることができます。こうしたバスは4列シートの車もありますが、それでも東京から大阪まで4,000円で移動できるというのは大変魅力に映るようです。

電鉄系のバス会社も手をこまねいているわけではなく、手を打っています。たとえば夜行便でシートの性能を大幅にアップして、座りやすくしたりフルフラットのシートを取り入れたりして付加価値を出しています。こうした夜行便は東京―大阪だと運賃が10,000円を超えてしまいますが、寝ている間に移動できるので大変人気があります。

こうした競争はこれからも激しくなっていくようですので、気になるバス会社はいくつか試してみるのも良いと思います。

会社の選び方

大型バス高速バスを選ぶときに、電鉄会社の子会社など古くからあるバス会社か新興のバス会社か悩む人も多いと思います。一般的に古くからあるバス会社の方が運賃が少し高く設定されていますので、新興のバス会社を選ぶという人も多いと思います。

しかし、古くからあるバス会社にも長所もたくさんありますので、こうした点を抑えておいた方が良いと思います。まずはバス停です。古くからあるバス会社は昔から高速バスを運行していますので、バス停がとても便利の良い場所に設置されています。一方、新興のバス会社は駅から遠い場所に設置されていることが多く、不便なことが多いので注意が必要です。炎天下の中歩いたりする必要もあります。

また安全性の点でも古くからあるバス会社は有利です。運転手の研修などはシッカリ行われていますので、運転は安定していますし事故はほとんどありません。一方、新興のバス会社は運転手の質もあまりよくないといわれています。経験が少ない運転手やバイトで運転している人が多いと、昔問題になりましたが、今はかなり改善されたようですが、今でも一部の会社ではこうしたことが行われています。ですので安全性という面では古くから運行しているバス会社がおススメです。

高速バスの会社

高速バスを運行している会社は日本にたくさんあり、競争が激しくなっているのが現状です。競争が激しくなっているといっても、国土交通省などは厳しいルールを敷いていますので、乗務員の健康診断やバスの整備などはどのバス会社も徹底してしっかり行っています。

バス以前、高速乗合バスと高速ツアーバスに分かれていた時代、高速ツアーバスの安全性はあまり高くないといわれていました。高速ツアーバスはバス停の設置義務が無かったり、定時運航の義務が無かったり、運用面に不安も多かったことから規制が強化されました。これにより高速バスの事故は減少傾向にありますので、どこのバス会社も安心して利用してよいと言えるでしょう。

昔から高速バスを運行している会社は、鉄道会社の子会社が一般的でした。鉄道会社は自社の駅から住宅街に向かう路線バスを運行していますので、こうしたノウハウを持っていて高速バスもたくさん運行しているのです。

一方、新興の高速バス会社もたくさんあります。多くは観光バスを何台か運行していた中小企業で、こうした会社が高速バスに参入してきたというものです。新興の高速バス会社は独自に路線を開拓したり、新興のバス会社が協力して一つの路線を運行したりしています。もちろん古くからある会社と親交の会社が競合している路線もあります。たとえば東京ー大阪などが有名ですが、新興のバス会社の方がおおむね運賃は安く、昔からある会社は少し高い傾向があります。