高速バスの会社

高速バスを運行している会社は日本にたくさんあり、競争が激しくなっているのが現状です。競争が激しくなっているといっても、国土交通省などは厳しいルールを敷いていますので、乗務員の健康診断やバスの整備などはどのバス会社も徹底してしっかり行っています。

以前、高速乗合バスと高速ツアーバスに分かれていた時代、高速ツアーバスの安全性はあまり高くないといわれていました。高速ツアーバスはバス停の設置義務が無かったり、定時運航の義務が無かったり、運用面に不安も多かったことから規制が強化されました。これにより高速バスの事故は減少傾向にありますので、どこのバス会社も安心して利用してよいと言えるでしょう。

昔から高速バスを運行している会社は、鉄道会社の子会社が一般的でした。鉄道会社は自社の駅から住宅街に向かう路線バスを運行していますので、こうしたノウハウを持っていて高速バスもたくさん運行しているのです。

一方、新興の高速バス会社もたくさんあります。多くは観光バスを何台か運行していた中小企業で、こうした会社が高速バスに参入してきたというものです。新興の高速バス会社は独自に路線を開拓したり、新興のバス会社が協力して一つの路線を運行したりしています。もちろん古くからある会社と親交の会社が競合している路線もあります。たとえば東京ー大阪などが有名ですが、新興のバス会社の方がおおむね運賃は安く、昔からある会社は少し高い傾向があります。