会社の選び方

高速バスを選ぶときに、電鉄会社の子会社など古くからあるバス会社か新興のバス会社か悩む人も多いと思います。一般的に古くからあるバス会社の方が運賃が少し高く設定されていますので、新興のバス会社を選ぶという人も多いと思います。

しかし、古くからあるバス会社にも長所もたくさんありますので、こうした点を抑えておいた方が良いと思います。まずはバス停です。古くからあるバス会社は昔から高速バスを運行していますので、バス停がとても便利の良い場所に設置されています。一方、新興のバス会社は駅から遠い場所に設置されていることが多く、不便なことが多いので注意が必要です。炎天下の中歩いたりする必要もあります。

また安全性の点でも古くからあるバス会社は有利です。運転手の研修などはシッカリ行われていますので、運転は安定していますし事故はほとんどありません。一方、新興のバス会社は運転手の質もあまりよくないといわれています。経験が少ない運転手やバイトで運転している人が多いと、昔問題になりましたが、今はかなり改善されたようですが、今でも一部の会社ではこうしたことが行われています。ですので安全性という面では古くから運行しているバス会社がおススメです。