料金で比較

高速バスは最近競争が激しく、運賃も値下げ傾向にあります。特に競争が激しい路線などはなおさらです。競争が激しいのは東京ー名古屋、東京―大阪、東京―仙台などでこうした路線には電鉄系の高速バス会社のほかに、新興のバス会社もたくさん運航していて運賃は値下げ傾向です。

たとえば電鉄系の東京―大阪の昼間の高速バスの運賃は片道6,000円から7,000円くらいです。シートは3列シートですので、楽々で長時間の移動も疲れません。一方、新興のバス会社なら安い便なら3,000から4,000円くらいで乗ることができます。こうしたバスは4列シートの車もありますが、それでも東京から大阪まで4,000円で移動できるというのは大変魅力に映るようです。

電鉄系のバス会社も手をこまねいているわけではなく、手を打っています。たとえば夜行便でシートの性能を大幅にアップして、座りやすくしたりフルフラットのシートを取り入れたりして付加価値を出しています。こうした夜行便は東京―大阪だと運賃が10,000円を超えてしまいますが、寝ている間に移動できるので大変人気があります。

こうした競争はこれからも激しくなっていくようですので、気になるバス会社はいくつか試してみるのも良いと思います。